回春マッサージとは?

出張型高級アロマエステ回春「アロマグランデ」

出張型高級アロマエステ回春「アロマグランデ」

回春マッサージとは?

“オトコ”をよみがえらせる!回春マッサージの内容を紹介します
「そもそも回春マッサージって何?」
今まさに“マッサージ系の風俗”の存在を知ったという方の中には、そんな疑問を持つ方も多いのではないかと思います。「はるがまわる」と書いて「回春」……確かに何も知らない人から見ればナゾの言葉です。

もちろん、実際に「回春」という語が店名に入った風俗店を利用してみれば身をもってそのワザを知ることができるわけですが、あらかじめどのようなモノなのか知っておいたほうが安心できる、という方も多いでしょう。(あえて知らないままイキたい!という方はぜひ当サイトですぐに行ける回春エステ店を探してみてください)
 
というわけで、ここでは回春マッサージとは何なのか、基本的な事柄についてまとめてみました。

■回春マッサージの起源
冒頭には“「はるがまわる」と書いて「回春」”と述べましたが、正しくはこの場合、「回」は「めぐる」という意味で使われています。「はるがめぐる」と書いて「回春」です。

このネーミングは、昔の中国にあった人生を四季にたとえる考え方がもとになっています。
力にあふれた若い時代を春や夏に、やがて年齢を重ねて円熟してくる頃を秋に、そして心身が老いる人生のたそがれの時期を冬にたとえるという考え方です。
一般的には、人生において一度過ぎ去った春や夏はもう二度とめぐってきません。人は等しく秋を、そして冬を迎え、次の世代に席を明け渡していきます。
男性の精力もまたしかり。思春期の頃はひと晩に何回だってできたオナニーも中年以降は週に1~2回に減り、青年期には恋人とアパートの部屋にこもりきりで過ごしても飽きることがなかったのに、老年期にさしかかると性欲そのものが消えてしまう……ということになります。

回春マッサージは、そんな人生の理に「待った」をかけるマッサージ。一度は過ぎ去った春が、中年期や老年期に再びめぐってくる、そんな精力回復の効果を秘めたマッサージです。

○中国発祥の“若返り術”
そもそも、歴史上「回春」の語が初めて日本で見られるのは江戸時代の初め頃。
当時、日本で主流だった中国医学=漢方の医学書に記載されています。その時代、日本に渡ってきた中国の医師が伝えたものであったそうです。

中国では古来、不老不死を求めた秦の始皇帝をはじめ、多くの人々が「春」を長引かせ、あるいは再びめぐらせるための研究を重ねていました。
そんな中、中国の宮廷に仕えていたある医師が、ある時代の皇帝に命じられて発明したのが回春マッサージであったという伝説が残っています。ざっと1ダース以上のお妃がいた皇帝は夜ごとエッチを欠かしませんでしたが、精力の衰えを感じて医師を頼ったのでした。
医師は試行錯誤の末に回春術を生み出し、後宮(中国の大奥のようなところ)にそのワザを伝授。皇帝は非常に喜んだそうです。

そして1500年代半ば、『万病回春』なる書物が中国の医師によって書かれました。
これは漢方の材料を調合して作る精力剤についての書物で、これこそが先述した日本に伝わったもの。
必ずしもエッチなマッサージを指し示すものではなく真面目な医学書だったわけですが、昔の皇帝と医師と後宮の伝説もあって、やがて日本では「回春=エッチなマッサージ術」とされるようになりました。

日々の仕事にお疲れの中年男性も、かろうじて性欲のかけらを残す高齢の方も、回春マッサージでなら再び青春時代のような激しい射精と快感を楽しむことができます。
では、具体的にはどのような内容のマッサージが行われるのでしょうか?

■“男の子の性感帯”をガッツリ責める!
回春マッサージの基本は、いわゆる「男の子の性感帯」を責めることにあります。
それは、男性のみに備わっている性感帯「前立腺」です。

○女の子みたいに喘ぐ!前立腺マッサージ
「女性の快感は男性の○倍」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
「7倍」とか「100倍」とか、いわれる数はまちまちですが、要するに男性よりもかなり強く激しい快感がある、ということだけは確かであるようです。
確かに女性は、AVを見たり風俗で女の子を責めてみたりするとわかりますが、いったん絶頂を迎えると果てしなく何度も時間いっぱいイキ続けます。男性が射精の一瞬だけ気持ちいいのに対して、彼女たちは一瞬どころか体力が許す限り何十分でものたうち回るのです。

「うらやましいなァ」という方も多いでしょう。
そのような方にぜひチャレンジしていただきたいのが回春マッサージ。特に「前立腺マッサージ」を体験してみていただきたいと思います。
前立腺はアヌス(お尻の穴)に指を入れて前方へ指先を進めたところにあるコリコリした器官です。ちょうど肛門と睾丸の中間地点に位置しています。

ここは、女性でいうところの「膣」にあたる器官だと考えられています。
まだ性別が定まっていない胎児の頃、その股間には二つの性感帯のもとになる部位があります。仮に、ここではA、Bとしておきましょう。
胎児が女性として成長するときAはクリトリスに、Bは膣へと変化します。
一方、男性として成長する場合、Aはペニスに、そしてBは前立腺へと変化します。
つまり、前立腺を刺激するということは、女性にとっての膣を刺激するのと同じ意味を持つわけです。

回春エステ店では、女の子がその指で、あるいはエネマグラという前立腺を刺激するためだけに発明されたアイテムを用いて、その部位をぐりぐりと優しく、激しく責めてくれます。
射精を伴わない、それゆえに一瞬で終わることがない快感を得ることができるサービスです。
女の子が白目を剥くような汗だくエッチのさなかに言う「こわれちゃう!」という感覚、そしてエッチ後に言う「頭が真っ白になっちゃった」という感覚を、リアルに味わうことができます。
また、前立腺を刺激されることによって性感が極度に高まったところで行われる手コキが、すさまじい快感を伴う射精をもたらしてくれます。
これこそが、回春エステのメインとなる前立腺マッサージなのです。
「最近、性生活がマンネリぎみで人生がつまらなくなった」
そんな方にとっては、まさしく特効薬というべき効果を発揮してくれるでしょう。